作品詳細

新・知らぬが半兵衛手控帖
新・知らぬが半兵衛手控帖 : 8 戯け者
572円
8巻まで配信中
北町奉行所・臨時廻り同心の白縫半兵衛は、旗本の次男坊の行状を調べるよう、申しつけられる。尾行てみると、昼日中から女郎屋に入り、賭場を荒らして金を盗むという「虚け者」との評判通りの体たらくであった。これでは親が心配するのも当然……そう思った半兵衛だったが、実は一連の行動には、抜き差しならぬ訳があった。「世の中には知らん顔をしたほうがよいこともある」江戸の世に舞う人情裁き、大好評シリーズ第8弾!
新・知らぬが半兵衛手控帖
561円
「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある…
新・知らぬが半兵衛手控帖
561円
楓川に架かる新場橋そばで男の死体が見つかった。体に…
新・知らぬが半兵衛手控帖
561円
八丁堀北島町にある白縫半兵衛の組屋敷に、奉公人の身…
新・知らぬが半兵衛手控帖
550円
根津権現界隈に小判を咥えた野良犬が現れたという噂が…
新・知らぬが半兵衛手控帖
550円
下っ引の音次郎は湯島天神の境内で幼馴染みのおしんを…
新・知らぬが半兵衛手控帖
572円
一年前に行方不明になった薬種問屋の若旦那がひょっこ…
新・知らぬが半兵衛手控帖
572円
北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛は吟味方与力・大…
新・知らぬが半兵衛手控帖
572円
北町奉行所・臨時廻り同心の白縫半兵衛は、旗本の次男…

この作品を読んでいる人にオススメ

藤井邦夫の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン