作品詳細

祖父・小金井良精の記(下)
770円
1921(大正10)年、東京帝大医学部の教授のなかで最古参となった良精は、退官を決意する。教授職を退いた後も研究の領域をさらに広げ、人類学や考古学にも大きな成果を残した。家族関係にも多くの変化が訪れる。兄・権三郎との確執、娘婿・星一の事業の困窮、新一ら孫との穏やかな時間……。そして晩年、大学へ最後の訪問――。学問への情熱を燃やし続けた巨星を活写する傑作評伝!
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン