作品詳細

新まろほし銀次捕物帳
新まろほし銀次捕物帳 赤鬼の権蔵
748円
3巻まで配信中
剣戟小説の第一人者による書き下ろし長篇小説。旗本の放蕩次男坊と遊び人の町人が、下谷車坂町で斬殺された。旗本は真っ向から一太刀のもとに斬り下げられ、町人は短刀で盆の窪を刺されていた。異なる刃物での殺しは、下手人が複数いることを暗示していた。銀次は探索に乗り出す。死んだ二人は博奕好きで、浅草界隈の賭場に頻繁に出入りしていた。旗本は賭場を「怖い赤鬼のいるところ」と話していたらしい。そして浅草を縄張りにする岡っ引きが斬り殺された。岡っ引きは「赤鬼」を追っていたというのだ…。銀次の一角流十手“まろほし”が正義の唸りをあげる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン