作品詳細

滔々と紅(ディスカヴァー文庫)
ディスカヴァー文庫 滔々と紅
704円
天保八年、飢饉の村から九歳の少女、駒乃が人買いによって江戸吉原の大遊郭、扇屋へと口入れされる。駒乃は、吉原のしきたりに抗いながらも、手練手管を駆使する人気花魁、艶粧へと成長する。忘れられぬ客との出会い、突如訪れる悲劇。苦界、吉原を生き抜いた彼女が最後に下す決断とは…。―全国の書店員が選んだ「世に出したい」新作!第1回本のサナギ賞優秀賞受賞作。※本書は2015年に小社より刊行された著作を改稿し、文庫化した内容となっています。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン