作品詳細

嵯峨野花譜
1527円
舞台は文政13年(1830年)の京都。年若くして活花の名手と評判の高い少年僧・胤舜(いんしゅん)は、ある理由から父母と別れ、大覚寺で修行に励む。「昔を忘れる花を活けてほしい」「亡くなった弟のような花を」「闇の中で花を活けよ」……次から次へと出される難題に、胤舜は、少年のまっすぐな心で挑んでいく。歴史、能、和歌にまつわる、あるいは生まれたままの、さまざまな花の姿を追い求め、繊細な感受性を持つ少年僧が、母を想い、父と対決していくうちに成長をとげていく、美しい物語。【目次】忘れ花利休の椿花くらべ闇の花花筐(はながたみ)西行桜祇王の舞朝顔草紙芙蓉の夕花のいのち

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン