作品詳細

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本
1430円
「今日は私におごらせてください」「お見それしました」→目上の人に使うと失礼なのはなぜ?「すみません」「申し開きもできません」→反省の気持ちがより伝わるのは?「私淑する」「薫陶を受ける」→直接指導を受けた相手を言うのは?大人として身につけておきたい教養のひとつ、「語彙力」。“語彙力のある人”や、“話していて知性を感じる人”は、適切な文脈で豊富な言葉を使いこなします。語源やニュアンスといった言葉の背景を理解したうえで、年齢や立場にあわせて、言葉を磨いているのです。そこで本書では、言葉の意味だけでなく、「使用シーン」「成り立ち」「強さ、重み」「ニュアンス」といった基本知識に加え、知性あふれる言葉を日常で使いこなすための解説をつけました。言葉の引き出しが少なくて、思っていることが伝わらない…幼い言葉を使っているせいで、バカっぽく見られている?そんな思いが少しでもよぎったら、是非、本書を読んでみてください。普段の会話はもちろん、仕事でのやりとり、メールや手紙、お詫びするときなど、あらゆる場面で使える厳選200語が身につきます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン