作品詳細

働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」
1485円
■「働き方改革=残業減らす」は正解か?いまや、企業の社会的責任とも言える「働き方改革」その働き方改革で目標にすべきは、社員一人一人が主体的に働ける職場です。しかし、世間にはびこる働き方改革はノー残業、プレミアムフライデー、テレワークなど仕事を「減らす」ための一辺倒な方法論ばかり。「仕事量は変わらないのに、時間ばかりが減る」「もっと働きたいのに」現場で働く人たちは窮屈な状況を強いられ、やらされ感漂う職場に成り下がるケースもあります。■「働く人改革」で、イキイキ輝く職場に変える!この状況に警鐘を鳴らすのが本書の著者である、職場改善士の沢渡あまね氏。「主体性を育む職場作り」をゴールとし、企業が取り組むべき3つの改革を解説します。・ネガティブな仕事を減らす・ポジティブな仕事を増やす・職場のコミュニケーションを増やすこれらの取り組みは、働く人のモチベーションを上げます。たとえば、チームのコミュニケーションを活発化させることで、人や会社を知り、リスペクト精神が生まれます。結果、社員がイキイキと働いて生産性が上がり、会社も儲かるのです。コミュニケーションを促すには社内勉強会や食堂、広報誌などの仕掛けが必要です。本書では具体的にイメージが湧きやすいようヤフー、ナムコ、ヤマハ発動機などの企業10社、14の事例を掲載。「改革の手引き書」として、どんな現場でも活用できます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン