作品詳細

葛西善蔵『子をつれて』を読む(文芸漫談コレクション)
本編
110円
「今回は、小説にとってリアリティとはなにかという問題を避けて通れそうにはありません。」葛西善三『子をつれて』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル“の超文学実践講座。本電子書籍は、文芸誌「すばる」2011年10月号に掲載された作品の電子版シングルカットです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン