作品詳細

ヴァンパイアの愛撫
220円
スコットランド高地地方――北のはずれの海沿いの町へ、ナターシャは一心不乱に逃げてきた。彼女を狂人に仕立て上げ、遺産を横取りしようと画策する冷酷な義兄から。たどり着いた古びた城の門番小屋の扉をたたくと、現れたのは、漆黒の髪と白い肌をもつセクシーな男性。ギャレットと名乗った主が言う。「夕暮れになると従業員はみな帰ってしまい、きみ一人になるが、いいか?」不安が胸をよぎった。しかし選択の余地などない。やがて部屋で疲れきった体をベッドに横たえたナターシャは、ふいに誰かの視線を感じた。次の瞬間、目に見えない何者かがベッドに忍びこんできて、甘い愛撫で彼女をさいなんだ。これは夢? それとも……?翌朝、目覚めたナターシャは首筋についた小さな歯の痕に気づく。そして夕食に出かけたパブで、城には吸血鬼が取り憑いているという噂を耳にし……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン