作品詳細

18時に帰る――「世界一子どもが幸せな国」オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方
1650円
いま、日本が進めている「働き方改革」へのヒントは、「世界一子どもが幸せな国」と呼ばれるオランダにありました。「働き方を変えたい・変えなくてはいけない」と感じているすべての人・企業・自治体・行政機関へ送りたいオランダが実施する「しなやかな働き方(=ソフトワーク)」とは? オランダの厚生労働省や社会雇用省、自治体、大学教授、企業の人事・HR(KLM、Randstad、Nutricia、Rabobank、ProRail、ABN AMRO銀行等)の人事・HR部門、そして大学病院や助産院、学校運営会社、託児所、さらには共働きの一般家庭などへのインタビューを通して私たちが見つけたもの。それは…… 【著者紹介】一般財団法人1moreBaby応援団理想の数だけ子供を産める社会を実現するため、結婚・妊娠・出産・子育て支援に関するさまざまなシンポジウムや調査活動、情報提供を行っている。編著書に『こども大国ニッポンのつくりかた』(木楽舎)、『なぜ、あの家族は二人目の壁を乗り越えられたのか?』(プレジデント社)がある。【目次より】Prologue◆「幸せ」のためにオランダが選んだ働き方とは?Chapter.1◆生産性を重視した仕事の基本Chapter.2◆オランダ型ワークシェアリングの仕組みChapter.3◆「同一労働同一条件」が優秀な人材を集める理由Chapter.4◆オランダ式テレワークがもたらした効果Chapter.5◆ソフトワークを実現する「チーム主義」とは?Chapter.6◆社員の「モチベーション」を重視すると企業は成長するChapter.7◆「世界一子どもが幸せな国」のソフトワーカーの生き方Epilogue◆「2人目の壁…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン