作品詳細

壬生、月前の星
220円
元治元年、新撰組の幹部が預かった子供の面倒を喬志郎がみることになる。無表情の喬志郎と正反対に笑顔千両といわれるその子は愛嬌があり、誰からも愛されている。そんな子の相手をしながら自分の価値について考える中、命がけの大捕り物に喬志郎は参加することになる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン