作品詳細

毛細血管で細胞力は上がる ~エコノミークラス症候群の第一人者・橋本洋一郎の5つのメソッド~
1188円
毛細血管だけが、細胞にアプローチできる!「血管の主役は動脈と静脈」が医学の世界での常識でしたが、この2つだけでは、細胞に栄養や酸素を届けることができません。細胞の中の老廃物や二酸化炭素を掃除するのも、毛細血管なしにはできません。37兆個の細胞とダイレクトに物々交換できるのは、毛細血管なのです。著者は、熊本市民病院の首席診療部長、血液循環のエキスパート。2016年4月の熊本大震災時、エコノミークラス症候群の発症をいち早く懸念し、プロジェクトチームを立ち上げました。そして、血液循環という自分の専門分野でまだ伝えるべきことがある、「知識は力なり」を実感したのです。人間の血管の長さの95%を占める、膨大な毛細血管。まだまだ解明されていない毛細血管は、脳の活動や長寿を支え、皮膚や末端の血流を担って「見た目」も左右するといいます。筋肉運動や有酸素運動は、週1回でさえ実践が難しいもの。禁煙支援、高血圧予防のサポートなど、数々のプロジェクトに関わった著者がおすすめするのは、毛細血管(もちろん動脈・静脈も)を元気にする、誰でも気軽に日常的に実践できる「5つのメソッド」。細胞力を上げて健康長寿をめざしましょう。※この作品は一部カラーが含まれます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン