作品詳細

潮騒はるか
1408円
女の決意の裏には、ある男を思い続ける切ない悲恋が隠されていた。時は、「安政の大獄」目前、時代の大変革がうねりを上げる中でまことを信じ、生きる人間の姿を描く傑作時代小説。長崎にある西洋医学伝習所で蘭学を学ぶ夫・亮を追い、弟・誠之助と彼を慕う千沙と共に福岡から移り住んだ鍼灸医の菜摘。女だてらに腕を買われて奉行所の御雇医となり、長崎での生活に馴染みだしたところに、福岡から横目付の田代甚五郎が訪ねてきた。なんと千沙の姉・佐奈が不義密通の末、夫を毒殺し、逃亡したらしい。さらに尊皇攘夷を唱え脱藩した密通相手の男を追い、長崎に逃げ込んだという。信じられない思いを抱きながらも、菜摘は奉行所の女牢で、武家の妻女らしき身なりの女に心あたりを感じる。だが、その女は、腹に子を宿していた――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン