作品詳細

家康の遠き道
1404円
家康は悩んでいた――手に入れた天下を死後もどう無事に守り、保ちつづけるのか。信長、秀吉の哀れな最期は、家康も間近で見てきた。天下は、隙あらば逃げだそうとしている悍馬なのである。自分が死んだら、残る子供たちだけで幕府を支えていけるだろうか。なんとも頼りなく思えて仕方がないのだが……。戦国を勝ち抜いた〈怪物〉が辿り着いたこたえとは? 赤裸々に戦国武将の心を暴き、読者を惹きつける人気作家の最新作!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン