作品詳細

薔薇十字叢書 蜃の楼
682円
巷を騒がす連続神隠し事件。その被害者が消えた後に、関口の初長編小説『蜃の楼』が残されていた。犯人探しに巻き込まれ、関口は東京を彷徨う。視界には天を衝く長大な鉄塔“東京スカイツリー”が鎮座して――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン