作品詳細

イマジナリーライン
385円
一仕事終えて帰宅すると、すぐに無言電話かかってくる。それも、毎晩毎晩、一日も休まずだ。少しはおかしいなと思うが、別に実害はない。元々呑気な比呂は、あまり気にをしていなかった。だが、学生時代の先輩で、今は職場の先輩でもある月浦は、異様に心配する。それはまるで、比呂の知らないなにかを知っているかのような口ぶりだった。そして突然現れる、比呂の妹と名乗る女性。謎が謎を呼び、物語は混沌としていく。お前は、いったい、誰だ?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン