作品詳細

母への100の質問状
1430円
3度の離婚。離ればなれになった家族。4人の父親。50歳になった息子が、ずっと聞くことができなかった母の思いと人生を問う。ドラマ『コドモ警察』『深夜食堂』のプロデューサー森谷雄。初めて自分のこどもが産まれたとき、森谷は「母への100の質問状」を送ることを思いつく。「母と息子の人生の公約数に自分自身の未来を見出せるかもしれない」父親となったからこそ聞きたい、母の人生と思い。どんな気持ちで僕を育てたのか。家族が離ればなれになったとき、母は何を思っていたのか。不器用な母と息子だからこそ聞けなかった思いが、少しずつ解き明かされていく……。★★★森谷雄氏のお母様の人生は、当時とても先進的なものでした。シングルマザーとして強く生き、また、恋多き女性として人生を前向きに切り開いていきます。森谷氏だけでなく、実は多くの人が知らずに生きている「母の人生」。知っているようで何も知らなかった、ということに気づかされます。この本が読まれることで、母と子のコミュニケーションが生まれ、母たちの人生にスポットライトが当たっていくはずです。ドラマプロデューサーの著書ということで、ドラマ化など映像化も期待できる作品です。「家族の絆」の価値を見直す動きも盛んないまだからこそ読みたい、感動の1冊です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン