作品詳細

木戸の富くじ 大江戸番太郎事件帳
540円
一等百両の富くじ興業の裏で大口の“陰富”の噂が…杢之助が木戸番を務める左門町にほど近い伊賀町の福寿院で富くじ興業が行われることになり、町人たちの心を騒がせる。しかもその日は神君家康公が入府したといわれる八朔の日(八月一日)に当たり、諸大名が登場して将軍家に祝辞を述べる日でもあるのだ。万一の不祥事に備えて定町同心の見廻りに加え、隠密同心も秘かに町々に入っているらしい。探られたくない過去を持つ杢之助が緊張を強いられるなか、もぐりの富くじである“陰富”の噂がながれ、訳あり風の浪人の行動にも疑問が膨らむ…。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン