作品詳細

鳴き砂 隅田川御用帳
550円
臨月の腹を抱えた武家の妻女・市岡美佐が駆け込んだ。夫に女ができ、離縁したいという。お登勢は美佐が身二つになることを考え、離縁は最善の策ではないと反対したが、せめて子が産まれるむまででも橘屋に置いてほしいと必死に懇願する。美佐の言動に不審を抱いた十四郎とお登勢は、調べるうちにこの駆け込みの裏にある哀しい真相に辿りついてしまう。シリーズ第十五弾。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン