作品詳細

わが家で最期を。~家族の看取り、自分の“そのとき”に後悔しない50の心得~
1287円
住み慣れた家で安らかな最期を迎えるには?最期のときは、住み慣れたわが家で穏やかに迎えたい。親や家族もそうして看取りたい。多くの人の切実な願いは、団塊世代が後期高齢者になり「多死社会」を迎えるこれから、かなえることができるのか?「できる」、と著者は答える。わが家での看取りは病院よりお金がかからない。ちゃんと家で亡くなれば、警察沙汰にはならない。家族に迷惑をかけずにひっそり死ぬという考えこそ、実はいちばん迷惑。既婚者で子どもがいたとしても最後はひとりで死ぬ覚悟が必要。ひとりで死ぬことと、さみしく死ぬことは違う。長生きすると、ラクに死ねる。「あの世」はあると思ったほうが人生を終(しま)いやすい。――など、在宅看取り医として、多くの亡くなった方から教わった大切なことを伝える一冊。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン