作品詳細

若杉ばあちゃん医者いらずの食養訓
880円
生涯病気知らずの体を作るための食と心構えを伝える一冊!健康で幸せに暮らせる体にいい62の教え。【内容】第1章|体の巻・頭寒足熱医者いらず・体の中心、ヘソを大事にしなさい・口に極楽、腹地獄・治すのではない。治る・腹八分目で医者いらず、腹六分目で医者知らず・一汁一菜で「自分で治る力」が宿る・薬を出さない医者が上等な医者・腸の腑の空洞に肉が入って「腐る」・大便と小便は、体からの大きな便りと小さな便り・便秘には塩気のある水分をとれほか第2章|食の巻・人に良いと書いて「食」・米を斗ではかっておさめる理。それが料理・白米をならべると粕・土鍋は土と水と火で作った炎の釜・医者に金を払うより味噌屋に払え・調味料はケチるなほか第3章|自然の巻第4章|陰陽の巻第5章|心の巻第6章|命の巻格言レシピ(全32種)【著者紹介】若杉友子(わかすぎともこ)マクロビオティックの創始者、桜沢如一の著書に出会いカルチャーショックを受け30年以上にわたり食養を学び実践している。京都・綾部で身土不二という日本の伝統と言われる、昔の生活さながらの自給自足の暮らしを20年間続け、2015年夏に生まれ故郷である、大分に引っ越す。79歳になった現在も、料理教室や講演会で日本国中を駆け巡っており、各会場はいつも大盛況。日本人にとっての正しい食事「食養」で健康的な体を取り戻すことを伝えている。1937年生まれ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン