作品詳細

子どもの自立が怖い親、親からの自立が怖い子ども~過保護・過干渉の弊害と脱却~
328円
立ち読みテキスト親が子どもを心配し保護することは、子どもを育てるうえで必要なことです。子どもに関心を持つことで生まれる干渉も、子どもの成長のために必要なことです。この「保護」や「干渉」は、あくまでも親が子どもに対して、子どもの人格を尊重しながら与えるものだからこそ、愛情の一環となるのです。しかし、これからお話しする「毒」と呼ばれる親は、こうした「保護」や「干渉」を親の自分本位の価値… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン