作品詳細

砂漠ダンス
691円
「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで砂漠の様子を見たからだ」――北国に住むわたしが飛行機に乗って到着した街は、アメリカの古くからのカジノの街。レンタカーを借りて向かった砂漠で、わたしは、子どもの頃のわたしに、既に死んだはずの父と母に、そして砂漠行きを誘えずにいた地元のバーで働く女に出会う……。小説の自由を解き放つ表題作に加え、単行本未収録を含む短篇3作を併録。◎解説=保坂和志Don't think. Feel!言葉を、文章を、山下澄人のような使い方をみんながするようになれば、ただの会話がダンスや格闘技みたいにワクワクする。――保坂和志氏(小説家)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン