作品詳細

優しい幽霊たちの遁走曲
1629円
真夏のある日、見知らぬ田舎の駅に、小説家・津久田舞々は立っていた。彼はある編集者から「ホラー作家を欲しがっている」町を紹介され、黄金の国と呼ばれていた町・古賀音を訪れたのだ。町長から、移住してこの町のことを書き残してほしいと依頼された舞々は、古びた洋館で暮らしはじめたところ「あるもの」の封印を解いたことをきっかけに次から次へと降りかかる難題のせいで奔走する羽目に陥る。幽霊たちと小説家の、不思議なカントリーライフ。コミカルであたたかくて怖くて切ない、奇談+ミステリ連作長編。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン