作品詳細

漱石の印税帖 娘婿がみた素顔の文豪
753円
漱石をめぐる「謎」の数々を書いた名著が、没後百年のいま、よみがえる。日本近代文学の巨匠でベストセラー作家、夏目漱石。その没後、夏目家にのこされた印税覚書をもとに、一連の作品の部数を調べてみると……?漱石愛用の万年筆をめぐる、不思議なエピソードとは?漱石最晩年の門下生にして、漱石の長女、筆子と結婚した著者だから描くことのできた漱石の思い出、漱石山房での木曜会の様子、、そして芥川龍之介、久米正雄、鈴木三重吉、菊池寛など漱石をとりまく作家たちの素顔。漱石関連の八篇と、「新思潮」時代の回想二篇を納めた随筆集。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン