作品詳細

いい人生は、最期の5年で決まる
880円
■がん患者3000人と対話してわかった 後悔しない最後の迎え方メスも薬も使わずに言葉の処方箋だけで生きる希望を与えてきた「がん哲学外来」。創始者である著者が、3000人のがん患者を診る中で、気づいた、死が怖くなくなる生き方とはなにか――?著者は、いい人生だったかどうかは、最後の5年間で決まるといいます。しかし、誰にとっても「最後の5年」はいつ訪れるかわからないもの。ならば、今日がその一日として生きるしかない。「なぜ病気になったのか」と、くよくよ悩むくらいなら、スパっと煙草や悪い習慣をやめる。「あれをやっておけばよかった」と後悔するくらいなら、今日から始めてみる。死を意識すると、とたんに「今」が輝き始めます。がん哲学外来という、もっとも「死」「病」に近いところに従事する者が投げかける、メッセージ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン