作品詳細

芝公園六角堂跡
1324円
ここ数年、惑いに流されていた北町貫多に東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。その場所は、師・藤澤清造の終焉地であった――。「闇に目をこらすと、そこには狂える藤澤清造の、最後の彷徨の残像が揺曳しているような錯覚があった。――その朧な残像を追って、貫多は二十九歳から今日までの生を経(た)ててきたはずであったのだ。」(本文より)何の為に私小説を書くのか。鬼気迫る四作品を収録。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン