作品詳細

欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃
1430円
欧州はいま、混迷の中にあります。英EU離脱と世界経済への影響、テロの多発、バルカン半島から大量に密輸される銃器、難民流入の深刻化など、さまざまな問題が輻輳的に絡み合い、大きな歪みを生じさせているのです。本書は、イギリス在住のジャーナリストが、欧州で起きている問題の一つひとつの現場を歩き、話を聞き、ルポとしてまとめた1冊です。なぜ英国はEU離脱を選ぶに至ったのか、離脱が世界経済に及ぼす影響、次の離脱が危ぶまれている国はどこなのか、次々と繰り出されるテロの新常態にどのように対処しているのか、政治経済と難民問題を秤にかけざるを得なくなっている政治家たちの苦悩とは――。政府筋、金融シティ、一般市民、難民など、現地徹底取材によって、欧州が抱える問題の本質を探ります。はじめに1  EU崩壊の胎動2  二大政党制の崩壊3  英国分裂の危機4  英国人がEUとの離婚を選んだ理由5  ブレグジットが経済に与える衝撃6  押し寄せる絶望の難民たち7  テロ対策の新常態8  離脱ドミノへの起爆剤、「五つ星運動」9  拡散するブレグジットの衝撃10 英国は没落を回避できるかおわりに <著者プロフィール>木村 正人(きむら・まさと)1961(昭和36)年生まれ。京都大学法学部卒。産経新聞大阪社会部、東京本社政治部・外信部を経てロンドン支局長を務めた。国際政治、安全保障、欧州経済に詳しく、現在、ロンドンを拠点に国際ジャーナリストとして活動している。著書に『EU崩壊』『見えない世界戦争―「サイバー戦」最新報告』…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン