作品詳細

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力
2090円
ハーバード教授と心理学者がついに解明。生産性と創造性は、こうすれば高まる。小さなスタートアップから、広く名の知れた企業まで、26チーム・238人に数か間リアルタイムの日誌調査を行った結果、やりがいのある仕事が進捗するようマネジャーが支援すると、メンバーの創造性や生産性、モチベーションや同僚性が最も高まるという「進捗の法則」が明らかになった。評価でもインセンティブでも明確な目標でもなく「進捗」?自身の研究やマッキンゼーの調査などでも「進捗」という言葉は見当たらず、ごく当たり前のことではないかと不安に思った著者は、改めて調査を実施。だが評価や目標よりも「進捗」が大切だと答えた人は、わずか5%だった――。1万超の日誌分析、669人のマネジャー調査…35年の研究で明らかになる新常識。私たちは、マネジメントを誤解してきたのかもしれない。これまで読んだ中で最高のビジネス書のひとつ。ダニエル・ピンク(『ハイ・コンセプト』著者)傑作。自分にとって最も重要なビジネス書かもしれない。ロバート・サットン(スタンフォード大学教授)微差の積み重ねこそが、「現場力」の本質だ。遠藤功(ローランド・ベルガー会長)「働く喜び」と「成果」を両立させるシンプルだけど実践的なマネジメント法。森本千賀子(リクルートエグゼクティブエージェント)原題 The Progress Principle: Using Small Wins to Ignite Joy, Engagement, and Creativity at Work※本書の下敷きとなった論文What Really Motivates Workersは、ハーバード・ビジネス…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン