作品詳細

岳飛伝
岳飛伝 十七 星斗の章
616円
17巻まで配信中
梁山泊軍と金軍の果てしなく続く消耗戦。その最中、戦場に切り込んできた史進は兀朮にとどめを刺すも、深手を負い戦線を離脱。岳飛は南宋・程雲の首を獲り、臨安府に入る。一足先に呼延凌と合流した秦容は、金の沙歇との最終決戦に挑む――。激動の中華の地で、国とは何かを問い、民を救うために崇高な志を掲げ、命を賭した漢たちの生き様を余すところなく描き切った中国歴史巨編、遂に完結!
岳飛伝
616円
負けたのだ。「替天行道」と「盡忠報国」というふたつ…
岳飛伝
616円
淮水で金軍の兀朮が岳家軍と、ほぼ同時に撻懶が梁山泊…
岳飛伝
616円
金軍総帥・兀朮が梁山泊の北に展開すると同時に、撻懶…
岳飛伝
616円
ついに金国と南宋が激突! 兀朮率いる三十万の金軍が…
岳飛伝
616円
南宋の宰相・秦桧は闇の中で戦いが終わってからのこと…
岳飛伝
616円
金軍・兀朮と呼吸を合わせたかのように戦を停止し、本…
岳飛伝
616円
南宋の根本を揺るがす「印璽・短剣」と引き換えに、秘…
岳飛伝
616円
『飛』の旗を掲げた岳飛のもとに、かつての仲間、孟遷…
岳飛伝
616円
戦いの気配が次第に濃厚になっていた。岳都で高山の民…
岳飛伝
616円
梁山泊が南宋と金、それぞれと戦争状態に入った。呼延…
岳飛伝
616円
七星鞭が吼え、胡土児が宙天に翻る。梁山泊軍と金軍は…
岳飛伝
616円
呼延凌率いる梁山泊軍と兀朮率いる金国軍が、激戦を展…

この作品を読んでいる人にオススメ

北方謙三の他の作品

集英社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン