作品詳細

四月は少しつめたくて
1232円
詩が書けなくなった大詩人と訳あり女性編集者。突然、口をきかなくなった娘とその真相を探る母親。詩人との交流を通して、大切な人の心に届く言葉を探す女性達の奮闘を描く各紙絶賛の感動作。世界は言葉の拘束衣を着ている、詩はその綻びか。活字ではなく浮世に生きる詩と詩人を描いて新鮮。――谷川俊太郎

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン