作品詳細

バビロンでいちばんの大金持ち
1397円
「お金はどうやって増えていくのか?」この普遍的な問いへの答えは、やはり普遍的な物語の中にありました。本書は、私たち人間がつねに直面する、お金に関する様々な問題への、シンプルかつ根本的な回答が、古代バビロンを舞台にした物語としてつづられたものです。収入と支出、節約、利殖、借金と返済、投資、貯蓄など、いかにして個人が自らの力によって経済的な繁栄をおさめるか。そして、その繁栄をもとに、お金に支配されずにお金を逆に支配して、豊かに幸せに暮らす方法とは何か。それらが、「アラビアン・ナイト」さながらの短編寓話の中にちりばめられた本書は、いまからおよそ90年前の、1926年に刊行されました。以来、本国アメリカはもちろん、世界中で無数の読者を獲得し、自己啓発書の古典としていまなお読者を増やしつづけています。本書はお金に興味のある人にとっては「真理の書」であるのはもちろんのこと、単に物語として読んでもわくわくする、最高のエンタテインメントです。大人から子どもまで、古代バビロンへ思いを馳せながら、いつのまにか豊かさとお金の関係を正しく認識することができるでしょう。*目次より◎古代都市バビロンとは◎豊かさを追求しはじめた男◎バビロンでいちばんの大金持ち◎豊かに生きるための7つの知恵◎幸運の女神を引き寄せる◎バビロンのラクダ商◎バビロンでもっとも幸運な男

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン