作品詳細

山口瞳 電子全集
山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』
2160円
26巻まで配信中
山口瞳電子全集の最終巻。1993年~逝去する1995年8月までに書かれた47作品と未掲載3篇、座談・対談98篇を収録。収録作品は、エッセイ「川端家での一日」から、第113回直木賞選評「思いが深ければ」まで、1993年から1995年に発表された47作品を初出掲載順に収録。また、電子全集編纂作業中に発掘した貴重な作品3篇も収録。1994年7月26日、兄事していた、作家・吉行淳之介が死去。「週刊新潮」8月25日号の男性自身で、7回連続で追悼の記を書いた。山口自身は前立腺の手術のため慶應病院に入院中で、7月28日の吉行の葬儀に出席できなかった。1年後、山口瞳にも“最期”の時が訪れる。1995年8月29日、肺がんのため、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス棟にて死去。満69歳だった。山口が亡くなるまでの経緯は、同巻の付録として収録した長男・山口正介の手記『ぼくの父はこうして死んだ「男性自身外伝」』に詳しい。また、最終巻の特別篇「対話集」として、1963年の「江分利満氏の優雅なお色気」から、1995年の「おいてますます楽しき馬券」まで、野坂昭如、伊丹十三、大原麗子など、各界の有名、著名人との座談・対談を98篇(のべ77人)掲載。さらに、社内誌に1度だけ掲載された、幻のエッセイ「通り過ぎた人」を初めて収録。付録として、電子全集の総監修を務める山口正介の回想録「草臥山房通信」(26)のほか、監修者・宮田昭宏制作した「山口瞳年譜」も掲載される。※この作品にはカラー画像が含まれます。
山口瞳 電子全集
2160円
32年間連載し続けた「男性自身」シリーズの記念すべ…
山口瞳 電子全集
2160円
「男性自身」のスタイルが確立した充実の213~41…
山口瞳 電子全集
2160円
野球、競馬、風景画へとテーマが広がっていく、「男性…
山口瞳 電子全集
2160円
単行本未収録作品7篇を含む「男性自身」625~82…
山口瞳 電子全集
2160円
“盟友”向田邦子への追悼文「木槿の花」8篇を含む「…
山口瞳 電子全集
2160円
「男性自身」の中に掌篇小説『私本歳時記』『梔子の花…
山口瞳 電子全集
2160円
昭和から平成へ。還暦となり小説を“絶筆”した山口が…
山口瞳 電子全集
2160円
再び随筆形式に戻った「男性自身」は、山口の死をもっ…
山口瞳 電子全集
2160円
山口瞳の処女作「愛別離」から出世作となった『江分利…
山口瞳 電子全集
2160円
1964年作家専業生活に入った山口瞳の小説、エッセ…
山口瞳 電子全集
2160円
“謎の多い”青春小説『結婚します』と、庶民の哀しみ…
山口瞳 電子全集
2160円
『結婚します』の作家が描く12人の女性像『結婚しま…

この作品を読んでいる人にオススメ

山口瞳の他の作品

山口瞳 電子全集の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン