作品詳細

愛について
本編
864円
“この道はどこへ行くんでしょうか“――偶然の邂逅から始まる若い男女の愛。その2年後の妻の謎の事故死。『武蔵野夫人』『花影』で新しい“愛のかたち“を文学史上に画した著者が、現代の市民社会とその風俗の中に、男と女、家庭、“愛の死と再生“のテーマを“連環“する10章で問う。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン