作品詳細

二軍のTシャツは捨てよ、出番はない
330円
親友との長電話をきっかけにして読書バーに通い始めた京子はキレイな女のコ、あかりと出会う。今まさに人生のハレ舞台に立ち、キラキラと輝くあかりを見て京子は考える。はたして人生のハレの時間はどれくらいあるのだろう? 平凡な毎日でも来るべきハレの日に備えて待っていれば、自ずとなにごとかはやってくる? そもそもハレの時間って?近い未来に小さな変化をもたらしてくれるような日常ストーリー。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン