作品詳細

世界一ラクな「がん治療」
935円
その治療、ちょっと待って!「いい治療」で苦闘するより、「つらくない方法」でラクに長生きする。そのためには、なにを選択し、なにを心がければいいのか。 がん放置療法の近藤誠医師と、在宅緩和ケアの萬田緑平医師がとことん語り合いました。【はじめに】よりよく「医療否定」と言われてしまうけれど、逆なんです。僕は慶応大学病院時代から40年以上、一貫して「患者さんがいちばんラクに長生きするために必要な医療」を探しぬき、肯定してきました。「十人十色のがんの、それぞれの症状に応じて、こんなにきめこまかく対処法を考えてきた医者は、世界中探してもほかにいないはず」と、自負しています。―― 近藤 誠 患者さんに教わったんです。がんと闘わないこと、治療がつらいと思ったら「やめる」ことを選び、自然に任せていれば、がんでも決して、のたうちまわって死ぬことはない。むくみや、腸閉塞や、肺炎の苦しみもない。(中略)そして「こんなにもつとは」ってまわりが驚くほど、世間の常識より長く生きる人が多いということを。―― 萬田緑平

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン