作品詳細

atプラス 30
1232円
【特集】臨床と人文知(松本卓也編集協力)千葉雅也+松本卓也ポスト精神分析的人間へ――メンタルヘルス時代の〈生活〉松本卓也水平方向の精神病理学に向けて上尾真道「運動」としての精神分析のために小倉拓也老いにおける仮構――ドゥルーズと老いの哲学大崎晴地障害と建築――生成する病跡学竹中均グールド・サイード・自閉症【連載】動く人(第9回)こうの史代 記憶の器として、日常を描きとめる大澤真幸可能なる革命(最終回) 来るべき民主主義Review of the Previous Issue 桜井智恵子 「支援」という包摂――自己責任への主体化『atプラス』30号に書いた/語った人たち編集後記

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン