作品詳細

家族小説短編集
終の日までの
539円
8巻まで配信中
母が他界した五年後に、独り暮らしの父が亡くなった。納骨を済ませ子供たちは実家に集まり、ぽつりぽつりと両親の想い出話をする。遺品整理を始めたところ、父は意外なものを遺していた。そして初めて父の家族に対する想いを知るのであった(「月の庭」より)。それぞれの「人生の閉じ方」を描く終活短編集。
家族小説短編集
528円
単行本刊行時「もっと早く読んでいたら私も離婚になら…
家族小説短編集
528円
15万部を突破した『家族の言い訳』の著者が描く、涙…
家族小説短編集
550円
離婚した妻が引き取り、もう15年も会っていない娘か…
家族小説短編集
528円
苦情処理係に異動となり、うつの症状が出て会社を一カ…
家族小説短編集
528円
男ひとりのやもめ暮らし。近接したマンションからは小…
家族小説短編集
528円
姉の家を訪ねた弟が、突然結婚することを報告する。お…
家族小説短編集
528円
45万部突破のベストセラー「家族小説短編集」シリー…
家族小説短編集
539円
母が他界した五年後に、独り暮らしの父が亡くなった。…

この作品を読んでいる人にオススメ

森浩美の他の作品

双葉文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン