作品詳細

縮尻鏡三郎 頼みある仲の酒宴かな
722円
老婆の戯言が思わぬ大騒動に……。好評シリーズ第八弾!日本橋の白木屋の土地は自分のものだと老婆が鏡三郎に訴え出た。とはいえ証拠の書類は焼失したという。老婆の背後には腕利きの浪人が軍師として付いている様子だ。その浪人、柴田帯刀は凄腕の剣の遣い手のうえ、やけに金回りもいい。果たして事の真相は?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン