作品詳細

泣くなら、ひとり 壇蜜日記3
709円
「思い出は都合がいいもので、出したり引っ込めたりして一時だけでも酔っぱらうことができる。」(2015/8/23)「『幸せにします』と言われても『幸せって何さ』などと思ってしまう。」(2015/9/30)「私の『見られてはマズイ』画像を持っている人を心のなかで数える。結構いた。」(2016/1/22)35歳女子のリアルで「蜜」な日常がここにある。好評の書き下ろし日記第3弾。小説家デビュー作「光ラズノナヨ竹」も収録!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン