作品詳細

金沢あかり坂
550円
古都・金沢を舞台に、恋と青春の残滓を描いた短編集。「金沢あかり坂」--金沢の花街で生まれ育った凛は、別れた恋人の記憶を引きずったまま芸妓になった。その心をいやしてくれたのは父の遺した笛だった・・・。「浅の川暮色」--新聞社の事業部に務める森口は、十数年ぶりに記者時代の初任地、金沢を訪れた。夜、浅野川を見つめる森口の意識に、それまで自分の内側に押し込めていた女性の姿が浮かび上がる。「聖者が街へやってきた」--北陸のK市にあるラジオ局に勤める魚谷と同僚、友人の新聞記者は、古い城下町の秩序に挑もうとして、世界各国に打電された奇妙な事件を作りだすが・・・。「小立野刑務所裏」・・・いまから十数年前、私は金沢に住んでいた。金沢は誇り高く、そして怖ろしい町だった。著者を思わせる男が回想する金沢で暮した日々。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン