作品詳細

跳び箱に手をつき骨折する子ども
跳び箱に手をつき骨折する子ども 子どもの「運動機能の低下」の実態
880円
平成19年から始まった運動器検診を通して見えてきた、子どもの体の「老化現象=ロコモティブ・シンドローム」。 幼少期からの過度の運動や生活習慣の乱れ、運動不足など、偏った体の使い方によって、体のエンジンのような機能を果たす骨や筋肉などの「運動器」の機能が未発達な子どもが増えている。 医師としての立場から提言する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン