作品詳細

されど“男“は愛おしい
本編
1320円
ベストセラー『されど“服“で人生は変わる』の齋藤薫が、男について始めて語る。緻密に無慈悲に、愛を込めて。これが男の新基準。「小説現代」に連載中の、男についての辛口エッセイ。「“笑い“は言わば、どこかでやっぱり男の義務なのだ」「名もなき“フツーの髪型“を貫く男が歳をとらない」など、新たなる「齋藤薫語録」、続々、誕生

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン