作品詳細

刀語
刀語 第十二話 炎刀・銃
1210円
12巻まで配信中
「あんたがいなきゃ、おれなんて――すぐに死んでたよ。すぐに折れて曲がって――錆びて、終わってたよ」
七花ととがめの変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の1本・炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた。西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語――これにて終幕! 刀語、第12話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門!
刀語
1078円
伝説の刀鍛冶・四季崎記紀(しきざききき)がその人生…
刀語
1210円
「あんたはまだその程度にしか虚刀流を知らないという…
刀語
1210円
「俺は刀だからな――。とがめ以外のためには、心も身…
刀語
1210円
「そいつを倒せば、俺が日本最強になれるってことだろ…
刀語
1210円
「おれはとがめに惚れてるんだからよ――裏切るわけが…
刀語
1210円
「とがめはな――どんな苦境にあったって、自分の決断…
刀語
1210円
「おれはとがめのために戦うって決めたんだ。それがお…
刀語
1210円
「存在そのものが居ながらにして一本の日本刀――それ…
刀語
1210円
「この20年の間に本当に無名になっちまったんだな、…
刀語
1210円
「とがめはそもそも、幸せなんて求めちゃいないよ」1…
刀語
1210円
「おれの父親は――親父だけだよ」伝説の刀蒐集完了ま…
刀語
1210円
「あんたがいなきゃ、おれなんて――すぐに死んでたよ…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

講談社BOXの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン