作品詳細

これを食べなきゃ ――わたしの食物史――
495円
【渡辺淳一文学賞創設記念電子化!】今はなき母の作るイクラ漬。艶めいた絶世の美女のごとく品のよい松葉ガニ。少し失意のときに似合う焼きツブ。少年時代を思い出すトウキビの香り――。北海道に生まれ、豊饒なる大地と海の、旬の味を噛みしめて育った著者が、食べ物へのこだわりと、深い愛着をこめて語る食の自分史、美味なるエッセイ。”食べる”ということは、素材を、季節を、人生を味わうこと。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン