作品詳細

赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE
本編
756円
霧の早朝、私と鮭川は声を持たない聡明な赤目姫と三人でボートに乗っていた。目指す屋敷で、チベットで、ナイアガラで。私たちの意識は混線し、視点は時空を行き来し、やがて自分が誰なのかもわからなくなっていく--。これは幻想小説かSFか? 百年シリーズ最終作にして、森ファン熱狂の最高傑作!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン