作品詳細

左ハンドル国産車が日本を救う
1650円
日本国民の挑戦が「黄金の国・ジパング」を可能にする「国産車左右ハンドル選択自由」の規制緩和で左ハンドル国産車の生産販売を認めるメリットとは?貿易自由化を最大限に活用して外貨を稼ぎ、日本は輝かしい「黄金の国」になれる!その詳細なシミュレーションを本書が徹底解説!【著者紹介】小森正智(こもり まさとも) 1986年、東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻修士課程修了。現在、東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻医学博士課程在籍。小森正隆(こもり まさたか) 学習院大学経済学部卒。1982年(株)日本能率協会コンサルティング入社、経営コンサルタントとして勤務し2011年退社。輸入車の国内チャネル戦略、マーケティング戦略、戦略実践研修体系立案と実施、全ディーラー監査。国産自動車メーカーではCI戦略、カレッジ方式の長期研修企画と実施。自動車メーカー部長・販社経営者研修、自動車ディーラー経営シミュレーションソフト開発。自動車買取チェーン・オートオークション・自動車リース・経済連自動車事業の戦略、損害保険会社、自動車部品工業会での戦略・マーケティングセミナー等を行った。【目次より】 第1章◆自動車王国ジパング(黄金の国)への道第2章◆左側通行なら右ハンドルという安全神話第3章◆グローバル化時代の国富戦略第4章◆自動車の生涯価値を再考する第5章◆世界のCO2排出削減に貢献する第6章◆自動車メーカーへの提言第7章◆日本国民への提言

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン