作品詳細

99%の社長がカン違いしていること(あさ出版電子書籍)
880円
99%の社長がカン違いしていること (あさ出版電子書籍)会社の利益を上げるためには、コスト削減以上に大切なことがある常識は、非常識。非常識は、常識。 環境や役職が変われば仕事の仕組み方法も変わっていく。■目次●第1章 税理士や経営コンサルタントに相談する会社はあぶない~「経営」のカン違い●第2章 経営者が数字を見る会社はあぶない~「会社の数字」のカン違い●第3章 「誰でも力を発揮できるマニュアル」のある会社はあぶない~「人材」のカン違い●第4章 ライバルに勝とうとする会社はあぶない~「戦術」のカン違い●第5章 社長が誰よりも働く会社はあぶない~「社長の考え方」のカン違い■著者 堀龍市税理士・ランチェスター財務株式会社 代表取締役大阪府出身、大阪府立大学卒。一般企業勤務後、父親が経営する会社に後継者候補として転職するも、父親が税理士のアドバイスに従って経営改善をした結果、状況がみるみる悪化していくのを目の当たりにし、会社の解散を提案。経営者に最も身近な存在であり、相談できる相手のはずの顧問税理士が経営に関しては素人と知って愕然とし、必死で会社を支えている社長を経営面からサポートできる税理士を目指し、税理士資格を取得。その後、税理士として多くの経営者と付き合う中で、「成功する社長の考え方」を知る。また、ランチェスター経営の第一人者、竹田陽一氏に師事。「大企業にできない中小企業ならではの戦略」を学ぶ。現在は「中小企業の社長と従業員とその家族が幸せになれば、世の中が幸せになる…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン