作品詳細

東池袋大勝軒 心の味(あさ出版電子書籍)
1350円
ラーメン好きであれば誰もが知っている東池袋、大勝軒。ここが伝説の始まりだった…。●豚ガラ、鶏ガラ、人柄――。●ラーメンは人を映す鏡。「心の味」がここにある!(ラーメン評論家)大崎裕史美味しいものを食べれば、人の気持ちは通じ合う。そうしてうまれた絆がいつまでも続き、広がっていってほしい。ラーメンづくりに一生を捧げた一人の人間として、心からそう願っている。――山岸一雄■ラーメンは摩訶不思議な食べ物私は、ラーメンほど不思議な食べ物はないと思っている。大人から子供まで誰からも愛され、日本全国いたるところにラーメン屋がある。それでいて飽きられることなく、もう十年以上もラーメンブームが続いている。なぜ、ラーメンは飽きられないのか。◆担当編集者のコメントなぜ、町の一介のラーメン屋は、その道の「神」と呼ばれるまでになったのか――。2003年に発売された『東池袋・大勝軒のオヤジさんが書いたこれが俺の味』に、その後の閉店・再開などの話を加えリニューアルされた一冊。ラーメンファンはもちろん、そうでない人も、今や伝説となった東池袋「大勝軒」のオヤジさんの優しくもあり、厳しくもある“哲学”に触れてみませんか。◆著者のコメント美味しいものを食べれば、人の気持ちは通じ合う。そうして生まれた絆がいつまでも続き、広がっていってほしい。ラーメンづくりに一生を捧げた一人の人間として、心からそう願っている。◆著者 山岸一雄1934年、長野県生まれ。17歳でラーメンの世界に身を投じる。1955年につけ麺のルーツといわ…

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン