作品詳細

三浦光世 電子選集 歌集 吾が妻なれば ~妻・三浦綾子と歩んだ40年~
770円
アララギ派の歌人・三浦光世が妻・三浦綾子との合同歌集「共に歩めば」(1970年刊)と、その後の作品から自選収録した歌集。三浦光世がのちに妻となる三浦綾子に勧められて「アララギ」に入会したのは1955年の夏であった。その後、59年に綾子と結婚し、70年には綾子との合同歌集「共に歩めば」も刊行する。この本は光世が作歌を続けた個人の作品群と綾子との共著本の中から自選し、1990年に発刊した歌集。君を想ふ夕べかなしくて袖に来し白き蛾を鉢の菊に移しぬ涙出づるまでに素直に聞きてゐつ妻が語る前川正との過去など、妻・綾子との生活にまつわる歌や、光世が個人的に好んだ自然を対象とした叙景歌も多く収録されている。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン